外耳

耳は外耳、中耳、内耳の三つに分かれています。外耳は耳介という耳たぶ部分と、外耳道という耳の穴部分からなります。耳介(耳たぶ)は動物の様に動きませんが、音が聞こえてくる方向を識別する役割があります。外耳は、外耳道(耳の穴)の入り口から鼓膜までの間を指します。外耳道には汗腺の一種があり、耳垢はこの汗腺からの分泌物と皮膚の角質が混ざったものを指します。耳垢が溜まりやすい人は、遺伝的にこの汗腺からの分泌物が活発な傾向があります。耳かきや爪で外耳道に傷をつけてしまい、そこから細菌が入り炎症を起こし発症するのが外耳炎です。