イートンクロップ

1920年代後半に流行した女性の短髪ヘアスタイルのひとつです。イートンクロップは、1440年イギリスのヘンリー6世によって創設されたイギリス最古の男子校「イートン・カレッジ」の男子学生らのヘアスタイルから生まれました。クロップとは刈り込みを意味し、後頭部は短く刈り込み、前髪は横分けにしてぴったりと撫でつけたヘアスタイルです。このようなヘアスタイルをアメリカでは「ボーイッシュボブ」、フランスでは「ギャルソンヌ」といいます。