エコノミークラス症候群

飛行機で長時間同じ姿勢で座っていることで発症する血栓症です。具体的には機内の乾燥による水分不足や、気圧の変化により血液の粘度があがり、血の流れが悪くなり血管の中に血のかたまりが作られ、そこに痛みや腫れが生じます。さらに長時間座っていることで下肢が圧迫され続け、足がうっ血し血栓が生じます。特にリスクがあるのは静脈血栓塞栓症の既往がある方、血栓性素因のある方、下肢麻痺のある方、下肢をギブスや包帯で固定している方です。エコノミークラス症候群を予防するには適度な水分補給と、下肢のマッサージが有効と言われています。

関連リンク