ディスコネクションカット

ディスコネクションは「繋がりがない」という意味で、ツーブロックカットやツーセクションカットのことを指します。通常のヘアカットでは、パネルとパネルは長さがつながっているのが基本です。そうすることで伸びてきても形が崩れにくくまとまりが良いためです。しかし、通常のカット技法では難しい強い生え癖の修正や、毛量調整が必要な時に繋がりを敢えて崩し、ディスコネクションカットにすることで理想のフォルムに仕上げることができます。ディスコネクションカットはインナーセニングやラインセニングなどの技術と合わせて使います。