ディープタイプ

小林嗣幸が提唱するヘアスタイルのバランス別タイプの一つです。ヘアスタイルは重心の置き方により、ディープタイプ、フロンタルタイプ、コンパウンドタイプの3つに大きく分けることができます。
・ディープタイプ・・・サイドをぴったりとひっつめて、後頭部に膨らみを持たせるタイプです。鼻が高く後頭部の発達した欧米系の骨格に適しており横顔を美しく見せるデザイン効果があります
・フロンタルタイプ・・・トップにボリュームをもたせ、サイドをややふっくらさせるタイプです。日本人のように凹凸の少ない骨格に適しており、縦線を強調しているため正面から見た時に効果的なデザインです
・コンパウンドタイプ・・・ディープタイプとフロンティアタイプを組み合わせたもので、高さも奥行きもサイドもあるタイプです。全体的に頭が大きくなるため、洋服とのバランスが大切です