サーキュラーニーディング

サーキュラーニーディングはペトリサージュ(揉捻法)の技術の一つで、「こねる」という意味があります。筋肉をもみほぐしながらこねることで、皮膚の老廃物を組織外へ送りリンパと静脈の流れを改善し皮膚状態を有効にします。サーキュラーニーディングは背中、腹、腕、足などの比較的大きな筋肉をほぐすときに行います。手のひら全体で筋肉をつかみ、サークル(円)を描くように動かすため、サーキュラーといいます。フェイシャルの際は、中指の腹を使って、中央から外側に向かって皮膚を引き上げるように動かします。揉捻法にはこのほかにリンギング、ローリング、ピックアップ、ナックリングなどがあり、これらを組み合わせて施術を行います。

関連リンク