チョップカット

chopとは「細かく刻む」という意味があります。毛先の微調整に使われるカットの技法です。ハサミを毛髪に対して斜めに入れてカットをすることで、カットラインがまっすぐではなく不規則なギザギザになります。ロングヘアにも短髪にも有効な技法で、毛先に動きのあるラフな雰囲気に仕上がります。またチョップカットにより、伸ばし途中の髪の傷んだ毛先だけを切ることもできます。チョップカットは深さにより仕上がりのニュアンスに違いが生まれます。チョップカットを深く入れるとジグザグ感が強くなり軽くドライな印象に、チョップカットを浅めに入れると艶があり重めになります。

関連リンク