セシルカット

1957年、映画「悲しみよこんにちは」で女優ジーン・セバーグが演じた主人公セシルの名からとったヘアスタイルです。当時は珍しかった女性のベリーショートが一躍評判になり、世界的に流行しました。