カール・ロジャーズ

1940年代に活躍したアメリカの臨床心理学者です。カウンセラーがクライアントと信頼関係を築くうえで重要な、積極的傾聴(効果的な話の聞き方、受け止め方、話の返し方などがカウンセリングの効果に影響をあたえる)を提唱しました。