アトピックスキン

アトピックスキンとは皮膚のバリア機能や免疫機能の障害で皮膚が炎症を起こし、セラミドと天然保湿因子が不足している肌状態のことをいいます。このような状態の肌は、細胞間に隙間が出来て水分を保持する力が衰えている為、皮膚は乾燥しやすく外的刺激に弱く敏感になります。これらは遺伝的な要因と環境的な要因の二つが考えられます。また、炎症を起こしていないときでも肌の水分量が不足しがちです。アトピックスキンの人は、気温や湿度の変化に過敏に反応し、摩擦や汗、ダニ、ホコリにより刺激が起きやすくなります。

関連リンク