アポロノット

19世紀初期に欧米で流行した女性のヘアスタイルです。アポロノットは装飾がおおく華美でロマンチックな印象のヘアスタイルで、当時の著名な美容師、クロワッサが考案したといわれています。フロント~サイドはヘアアイロンで細かいカールをつけ、トップ~バックに髪の毛はワイヤーを芯にして毛束を編んでねじり上げ、頭頂部に高く盛り上げて大きなシニヨンを作ります。そこに生花やレースなどの布地や、鳥の羽など華美な装飾をほどこして華麗に作り上げました。19世紀中期以降になるとシニヨンの高さが頭頂部からうなじのあたりに変わり、その後時代とともに流行が目まぐるしく変化していきました。