葵髱(あおいづと)

葵髱(あおいづと)とは京都の公家の間で結われた女性の髪形の一つです。江戸に伝わると、その形から椎茸髱(しいたけたぼ)と呼ばれるようになりました。その形は左右の鬢から後方にかけて椎茸のかたちのように膨らませた髱をつくり、後頭部で束ね、長い髢(かもじ)という付け毛を付けたものです。

関連リンク