アナフィラキシーショック

アレルゲンに対して全身性のアレルギー反応が引き起こされ、じんましんなどの皮膚症状や、腹痛、嘔吐などの消化器症状、呼吸困難などの呼吸器症状を引き起こし、血圧の低下、突如顔面蒼白、意識障害などのショック状態になることです。アナフィラキシーショックは繰り返しやすい傾向があり、再度同じアレルゲンに接触することで同じような重い症状を起こす可能性があります。アナフィラキシーショックを起こした場合は、速やかに医療処置をする必要があります。理美容では、お客様の健康を守るために、ヘアカラーリングなどの施術の前にパッチテスト(皮膚アレルギーテスト)を行うことが推奨されています。

関連リンク