アンモニア水

液性をアルカリ性にするために加えるアルカリ性物質をアルカリ剤といいます。パーマネントウェーブの第一剤にはアンモニア水、モノエタノールアミン、炭酸水素アンモニウムなどのアルカリ剤が配合されており、パーマ剤の性質はアルカリ剤の性質に左右されます。
・アンモニア水・・・少量でパーマ剤のpHを大きく上昇させるため、強いパーマ剤になります。揮発性をもち、第一剤の作用時間中にアンモニアが揮発するため、過剰作用の心配がありません。鼻につく強いアンモニア臭がしますが、水で簡単に洗い落とせるため手や指につきにくく、手荒れの心配もありません
・モノエタノールアミン・・・少量でパーマ剤のpHを大きく上昇させるため、強いパーマ剤になります。揮発性がないため、第一剤の作用時間中に同じ強さで作用が続くため、過剰作用の恐れがあります。臭気は少ない反面、指につくと取れにくく手荒れの原因になります
・炭酸水素アンモニウム・・・揮発性を持たない弱アルカリ剤です。パーマ剤のpHがあまり上がらないため、作用が弱く、毛髪や皮膚に対しての負担も少ないです。

関連リンク