アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎とは食物アレルギー、接触性皮膚炎など、アレルゲンが原因で引き起こされる皮膚疾患の総称です。アトピー性皮膚炎は、遺伝や生まれつきの体質でアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られます。主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、おでこ、目のまわり、口のまわり、耳のまわり、首、わき、手足の関節の内側などに出やすい傾向があります。アトピー性皮膚炎は良くなったり悪くなったりを繰り返し、慢性化しやすいのが特徴です。皮膚は、表面の皮脂膜やその下の角質細胞、角質細胞間脂質などがバリアの役割を担っており、外からの物質の侵入や水分の蒸発による皮膚の乾燥を防いでいます。アトピー性皮膚炎では、これらの皮膚のバリア機能が弱まっているため、外からの異物が皮膚の中まで侵入しやすく過敏な状態になっています。

関連リンク