悪性黒色腫

腫瘍には悪性腫瘍と良性腫瘍があり、顔や頭など日光(紫外線)に晒される部分は悪性腫瘍が発生しやすい部分です。頭皮に悪性腫瘍があった場合、患部が盛り上がっているなど手で触った感触がない限り本人は気づくことができないため、理容師、美容師が腫瘍を発見した場合、医師の受信を勧めることが大切です。0.5㎝以上のほくろのような黒色腫を見つけた場合は、メラノーマである可能性があるため皮膚科医を受診することが望ましいといわれています。形が不正整、色も均一ではなく、赤みを帯びていたり染み出しがあったりします。この場合は病変を傷つけると進行する恐れがあるため刺激してはいけません。

関連リンク