間着

間着(あいぎ)とは江戸時代に武家の女性らが打掛の下に着用した小袖のことです。現在では花嫁衣裳の白無垢、打掛の下に着用する掛下がこれにあたります。

関連リンク